• HOME
  • >ニュース
  • >トピックス
  • >[待望の第2弾尾道デニム新入荷]尾道の仕事や暮らしを刻んだユーズドデニム「ONOMICHI DENIM」鎌倉キャラバンで販売開始

トピックス

2015年10月10日

ディスカバーリンクせとうち

[待望の第2弾尾道デニム新入荷]尾道の仕事や暮らしを刻んだユーズドデニム「ONOMICHI DENIM」鎌倉キャラバンで販売開始

  • 印刷

尾道で働く人たちがデニムをワークパンツとして穿き、専門工場での洗濯・乾燥を繰り返してユーズドデニムをつくる「尾道デニムプロジェクト」。
第1弾のデニム販売開始から約1年半、おかげさまで多くの方に尾道デニムをお求めいただきました。
その一方で、人気があるからといってすぐに増産できないのが尾道デニム。好みの色落ちや欲しいサイズの在庫切れでご迷惑をおかけしましたが、この度第2弾の尾道デニムが一部完成しました。
1年半振りの、尾道デニム新入荷です。昨日、10月9日から開催している神奈川県鎌倉市での尾道デニムキャラバンで販売開始しました。

■ プロジェクト第2弾 尾道デニム販売開始
 http://www.onomichidenim.com/archives/4765

尾道市民270人の協力で、1年間穿き込んだプロジェクト第1弾。完成した540本のデニムの色落ちの差は、想像以上のものでした。また、元々は同じデニムなのに人によって色落ちする場所や色合い、しわの入り方も多種多様。

そんな気付きを元に、第2弾では敢えてプロジェクト参加人数を絞り、デニム一本一本の色落ちの状態を丁寧に見ながら参加者の方との対話を重ねることで、職業と色落ちの関係性を掘り下げて検証。色落ちの状態を見ながら穿き込み期間を決めることとし、最短では約10ケ月で完成。その他にも、1年前後でいい仕上がりになったものを今回、鎌倉へお持ちしました。

また、今回のキャラバンにはONOMICHI U2デニムエプロンのほか、オリジナルグッズも限定販売。尾道の観光パンフレットなどもご用意していますので「いつかは尾道へ」とお考えの方も、ぜひ遊びにおいでください。

▼ ONOMICHI DENIM CARAVAN KANAGAWA
 http://www.onomichidenim.com/archives/4639
 ■ 極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル
  日時:2015年10月10日(土)・12日(月・祝) 11:00~20:00
  会場:アナン邸/神奈川県鎌倉市極楽寺2-6-14
 ■ 食×音楽×市場のイベント“ミチル” (※要入場料)
  日時:2015年10月11日(日) 12:00~20:00
  会場:浄智寺 境内・書院/神奈川県鎌倉市山ノ内1402
※キャラバン期間中も、ONOMICHI DENIM SHOPは通常どおり営業しています。

■ONOMICHI DENIM PROJECT
http://www.onomichidenim.com
http://www.facebook.com/OnomichiDenimProject
世界的な有名ブランドに生地を供給するなど、品質の高いデニムの産地である広島県備後地方。そのデニムを使い、尾道という町の魅力を発信していくため、2013年1月に立ち上げた「尾道デニムプロジェクト」。
尾道市民270人の協力を得て、それぞれ表情の異なる自然な色落ちの尾道デニムが完成し、2014年3月、コンセプトショップを尾道にオープン。

■株式会社ディープロダクツ
 所在地:〒722-0045 広島県尾道市久保1-2-23
 代表取締役:出原 昌直
 事業内容:雑貨及び繊維製品の仕入販売、輸入輸出、卸等
広島県備後地方の繊維業の活性化を目的として尾道市にて設立。尾道市民がワークパンツとしてデニムを履き込み、本物のユーズドデニムを創作する「尾道デニムプロジェクト」、日本三大絣の一つともされる備後絣を使用した製品を製造する「伝統産業プロジェクト」など、備後地方のもの造りの特徴を理解した上で、現在のトレンドや市場のニーズに合致した商品開発及びマーケティング・PR・セールス・ブランディングを一貫して行っております。

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社ディープロダクツ
ONOMICHI DENIM SHOP
Tel:0848-37-0898 Fax: 0848-38-1138
Mail:info@onomichidenim.com

  • 印刷