• HOME
  • >ニュース
  • >トピックス
  • >穿いて「育てる」ユーズドデニム「尾道デニムプロジェクト」初めての挑戦。プロジェクト用オリジナルデニムの開発開始。

トピックス

2017年10月18日

ディスカバーリンクせとうち

穿いて「育てる」ユーズドデニム「尾道デニムプロジェクト」初めての挑戦。 プロジェクト用オリジナルデニムの開発開始。

  • 印刷

尾道で働く人々が一年間デニムを実際に穿き込み、一本一本にストーリーと個性を刻んだユーズドデニムを「育てる」という、世界でも類を見ない取組「尾道デニムプロジェクト」。
プロジェクト開始から5年という節目に、これまでの経験を活かして「尾道デニムプロジェクトが考えるスタンダードデニム」の開発を始めます。

■尾道デニムプロジェクト初めての挑戦。プロジェクト用オリジナルデニムを作りたい!
 https://camp-fire.jp/projects/view/44644

世界でも有数の高品質デニムの産地・備後地方で作られるデニムと、尾道の魅力発信を目的にスタートした「尾道デニムプロジェクト」。
プロジェクト立ち上げ以来、大工や漁師、住職や左官、シェフや医師など、延べ500名を超える様々な職業の方に参加いただきました。職業ならではの色落ちやダメージと、目には見えない仕事への誇りや尾道のまちへの想いが刻まれた尾道デニムと向き合ってきました。

これまでは、世界が認める日本の既存ブランドのデニムを穿き込んできましたが、一方で世界初のプロジェクトを通して得た経験や、参加者の声を元に、より多くの方にフィットする、丈夫で穿き心地がよく、育てる楽しみを味わえるデニムを自分たちの手で作りたいと考えるようになり、この度の開発に乗り出しました。
プロジェクト参加者はもちろん、世界中のデニムファンの方々に「これぞ尾道デニム」と胸を張れるデニムを作りたいと思います。ユーズドデニムの製作はしてきたものの、生地の開発から縫製までのオリジナルデニムの製作はゼロからのスタート。開発にあたり、開発資金・生産資金調達のため、クラウドファンディングを開始しました。

■尾道デニムプロジェクト初めての挑戦。プロジェクト用オリジナルデニムを作りたい!
 https://camp-fire.jp/projects/view/44644

備後地方産のデニムと尾道のまちと向き合い5年。オリジナルデニムの開発を通じて、備後のデニムや日本のものづくり、魅力発信により一層尽力しこの輪を更に世界へ拡げていきます。

■ONOMICHI DENIM PROJECT
http://www.onomichidenim.com
http://www.facebook.com/OnomichiDenimProject
世界的な有名ブランドに生地を供給するなど、品質の高いデニムの産地である広島県備後地方。そのデニムを使い、尾道という町の魅力を発信していくため、2013年1月に立ち上げた「尾道デニムプロジェクト」。
尾道市民270人の協力を得て、それぞれ表情の異なる自然な色落ちの尾道デニムが完成し、2014年3月、コンセプトショップを尾道にオープン。現在も多くの尾道市民の協力を得てプロジェクト進行中。

■ディスカバーリンクせとうち
http://www.dlsetouchi.com
所在地:〒722-0045 広島県尾道市久保一丁目2-23
代表:出原 昌直
事業内容:宿泊施設、飲食店の経営、食料品、日用雑貨等の製造、卸、販売等

<本リリースに関するお問い合わせ>
DISCOVERLINK Setouchi
Tel:0848-38-1137 Fax: 0848-38-1138 Mail:info@dlsetouchi.com

  • 印刷